カタボリック防止とBCAAの関係

弱弱しくちょっとアバラが浮いた胸、または無駄にぶよぶよとついてしまったお腹の肉。

 

なんとかすっきり細マッチョといわれるような筋肉をつけようと、プロテインを飲みながら筋トレに励んでいる人も多いのでないかと思います。

 

筋トレプロテイン

 

 

しかし気持ちとは裏腹にカタボリックに陥ってしまう人も沢山いますよね。

 

体から脂肪が減れると、体は体脂肪を蓄えようとより一層頑張り、筋肉からエネルギー補給するので筋肉が分解される

 

人間の身体はトレーニングで筋肉に刺激を与えると、余分な脂肪やエネルギーを燃焼し、食事として摂ったたんぱく質を合成して筋肉を作って行きます。

 

筋肉を分解

 

 

しかし、脂肪をなくし筋肉をつけようとすると、体は無くなってしまった体脂肪を補おうと、より一層頑張って筋肉を分解してエネルギー源にするので、分解と合成を繰り返して筋肉は成長をしていきます。

 

カタボリック過多の状態になっていると、筋肉をつけるためにプロテインを飲んでいたとしても筋肉ではなく体脂肪を補うほうに使われてしまうので、ただカロリーを増やしているだけの状態になってしまいます。

 

 

BCAAはタンパク質合成率を上げ、合成容量も増やしてくれる

 

筋肉を増やすためには、トレーニングで失われたエネルギー(たんぱく質分解率)を補う以上の筋肉の元になるたんぱく質合成率が必要になるのです。

 

たんぱく質合成率 > たんぱく質分解率

 

 

トレーニングで多くの淡白質が分解されます。だから余計な脂肪がなくなるのです。

 

しかしそれと共にたんぱく質合成率をあげないと、エネルギーがなくなってしまうので、疲れやすくカタボリック状態になり筋肉を分解してしまいます。

 

カタボリック防止サプリのメイン成分でもあるBCAAはこの筋肉合成率をあげてくれます。

 

 

BCAAにはタンパク質が筋肉生成をするに必要な、細胞組織の合成を高める働きがあります。

 

さらに筋肉合成のための最大容量をアップしてくれるので、体内にBCAAが十分補給されていると筋肉量をキープすることが出来ます。

 

BCAAカタボリック防止

 

 

さらにBCAAは疲労感が減る嬉しいおまけ付

 

筋肉をつけようとトレーニングをすると、当然エネルギーを消耗するので体は疲れます。

 

エネルギーを消耗することで脂肪を使い、体をシャープにして行きますが、疲労感を感じてぐったりしますよね。

 

この疲れを感じるのは体の中でセロトニンが作られるからです。

 

 

世の中では心の安定を整える“幸せホルモン”なんて呼ばれ方をするセロトニンですが、トレーニング中は脳に「疲れて来たな」というメッセージを送るので筋トレの継続を難しくしてしまいます。

 

BCAAが筋肉増強に優れているのは、筋肉を作るのに必要な細胞組織の合成を高めるだけでなく、この疲労感の元、セロトニンの育成を妨げる働きがあるのです。

 

つまり、BCAAが体の中にあると、いつもより長くトレーニングを持続することが可能に。

 

BCAAはカタボリックを防止するだけじゃなく、筋トレの効率を上げより早く細マッチョの体を手に入れることが出来るようになるのです♪

 

だから必須アミノ酸と崇め奉られ人気があるのですね。笑

 

 

>>カタボリック防止サプリで【細マッチョ】になった話 TOPへ